利用規約



EMotサービス利用規約
 
EMotサービス利用規約(以下「本規約」といいます。)は、小田急電鉄株式会社(以下「当社」といいます。)が運営・提供するアプリケーション「EMot」(以下「本アプリ」といいます。)およびウェブサイト「EMotオンラインチケット」によるサービス(以下「本サービス」といいます。)の利用条件等を定めるものです。
 
 
第1条(本規約の適用)
 
1. 本規約は、本サービスの利用条件や利用上の注意事項等を定めるものであり、本サービスの利用者(以下「利用者」といいます。)に適用されます。
2. 利用者は、本サービスの利用にあたり、本規約のほか、本サービス上で提供される各種サービス・コンテンツ(以下「個別サービス」といい、本サービスと併せて「本サービス等」といいます。)の利用条件や利用上の注意事項の定め(以下「個別サービス利用規約」といいます。)その他の当社が別途定める利用上の約款、利用条件及びその他の告知(以下これらを総称して「本規約等」といいます。)を遵守するものとします。
3. 当社は、本規約等(外部サービスに係る個別サービス利用規約を除きます。)の内容を変更することがあります。この場合、変更日を定めた上で、あらかじめ利用者に対し、当該変更日及び変更内容を当社が適切と認める方法により周知するものとし、当該変更の効力発生後に利用者が本サービス又は当該個別サービスを利用した場合、利用者は当該変更に同意したものとみなされます。
4. 利用者は、本アプリを利用端末機器にダウンロードし、又は本サービスを利用したときをもって本規約等に同意したものとみなされます。
 
 
第2条(定義)
 
本規約において用いられる用語の定義は、本規約において別途定義される意味を有するほか、次の各号に定める意味を有するものとします。
(1)「MaaS Japan」とは、本サービスの提供に必要なデータや情報等を管理するデータ基盤をいいます。
(2)「ソーシャルログイン」とは、当社が提供するソーシャルログインサービス(以下「ソーシャルログインサービス」といいます。)を利用して本サービスにログインすることをいいます。
(3)「ソーシャルログイン対象SNS」とは、当社以外の事業者が提供するソーシャルネットワークサービスその他のサービスのうち、ソーシャルログインサービスで利用可能なものとして同サービスで指定されるサービスをいいます。
(4)「認証コード」とは、利用者アカウント取得時又は本サービスへのログイン時に、本人認証手続に用いるために、当社所定の方法により利用者に通知するコードをいいます。
(5)「外部サービス」とは、当社以外の事業者が本サービスと連携し提供する個別サービスをいいます。
(6)「外部サービス事業者」とは、外部サービスを提供する事業者をいいます。
(7)「個別サービス利用権」とは、個別サービスの利用にかかる利用者の権利をいいます。
(8)「譲渡用URL」とは、利用者による個別サービス利用権の譲渡に際し、当社が発行する受け渡し用ページのURLをいいます。
(9)「決済サービス」とは、当社から委託を受けた事業者が提供するサービスであって、本サービスで決済を伴う個別サービスを利用する際の利用料金等又は払戻し等について、決済を行うことを可能にするサービスをいいます。
(10)「利用者アカウント」とは、利用者に付与される本サービスのアカウントをいいます。
(11)「利用端末機器」とは、利用者が保有する情報端末機器をいいます。
 
 
 
第3条(本サービスの利用)
 
1. 利用者は、本規約等の各条項に同意の上、本サービスを利用するものとします。
2. 利用者は、利用端末機器の性能等によって、本サービスの機能の一部又は全部を利用できない場合があることを承諾し、これに異議を述べないものとします。
3. 利用者が未成年者、成年被後見人、被保佐人又は被補助人のいずれかである場合は、法定代理人、後見人、保佐人又は補助人の同意(本規約等への同意を含みます。)等を得たうえで、本サービスを利用するものとします。
 
 
第4条(アカウント利用サービス)
 
1. 本サービスでは、決済サービスを含む一部機能(以下「アカウント利用サービス」といいます。)の利用において、利用者アカウントの取得が必要となります。
2. 利用者は、ソーシャルログインサービス上でソーシャルログインに関する手続を行うか、又は本サービス上でメールアドレスの登録及び認証コードを用いた本人認証手続を行うことにより、利用者アカウントを取得します。当該利用者アカウント取得手続完了時に、利用者と当社との間にアカウント利用サービスに関する契約(以下「アカウント利用サービス契約」といいます。)が成立します。
3. ソーシャルログインに関する手続により利用者アカウントを取得する場合には、ソーシャルログイン対象SNSにおけるアカウントが必要です。利用者がソーシャルログイン対象SNSのアカウントを有していない場合は、前項のソーシャルログインに関する手続を行う際に、ソーシャルログイン対象SNSのアカウントを取得するものとします。
4. 利用者は、アカウント利用サービス契約の期間中、当社所定の方法に従った利用者アカウントによる認証を通じ、アカウント利用サービスを利用することができます。
 
 
第5条(ソーシャルログインサービスの利用)
 
1. 利用者は、本サービスの利用に当たってソーシャルログインサービスを利用する場合、同サービスについて当社が定める規約を遵守するものとします。
2. 利用者は、ソーシャルログインに用いたソーシャルログイン対象SNSにおいて以下の事由が生じた場合、一時的又は恒久的に本サービスへのログインができなくなる場合があることを承諾し、これに異議を述べないものとします。
(1)利用者がソーシャルログイン対象SNSを退会した場合
(2)ソーシャルログイン対象SNSに障害等が発生した場合
(3)ソーシャルログイン対象SNSが運営を中断若しくは終了した場合
(4)ソーシャルログイン対象SNSの仕様や方針が変更された場合
(5)その他、ソーシャルログイン対象SNSが利用できない場合
3. 利用者が本サービスの利用に当たってソーシャルログインサービスを利用する場合、当社は、ソーシャルログイン対象SNSを提供する事業者から当該利用者のメールアドレスを取得します。
 
 
第6条(個別サービス)
 
1. 利用者が個別サービスを利用する場合、本規約等とは別に、個別サービス利用規約に基づく個別サービスの利用に関する契約が、利用者と当社(外部サービスの場合は外部サービス事業者)との間で成立します。
2. 個別サービスは、当該個別サービスに係る個別サービス利用規約に従って提供されます。
3. 利用者は、個別サービス利用権のうち、当社が認めたものについて、当社所定の方法(譲渡用URLの発行を含みますがこれに限られません。)に従い、他の利用者に譲渡することができるものとします。ただし、利用者は、自己が譲り受けた個別サービス利用権を、再度、他の利用者(譲渡元の利用者を除く。)に譲渡することはできないものとします。
4. 各個別サービスの利用、その取消し、及び契約不適合責任等、また、個別サービスの利用に利用料金・代金等(以下「利用料金等」といいます。)が発生する場合の利用料金等の額、その算定方法及び支払方法並びに、払戻し等の額、その算定方法及び支払方法等は、各個別サービスに係る個別サービス利用規約の定める内容に従うものとし、その変更についても同様とします。
5. 個別サービスの利用において、本規約の定めと当該個別サービスに係る個別サービス利用規約の内容が異なる場合には、個別サービス利用規約の内容が優先されるものとします。
 
 
第7条(注意事項)
 
利用者は、本サービスを利用するにあたり、以下の事項に注意するものとします。
(1)本サービスの利用は必ず安全な場所に止まって行い、車両の運転中又は歩行中に利用しないこと
(2)実際の歩道や道路の状況、道路標識、道路標示その他の交通規制及び交通ルールを優先すること
 
 
第8条(利用料金等)
 
1. 本サービスの利用料は無料とします。但し、本サービスにおいて、決済を伴う有料の個別サービスを利用した際に生じた利用料金等は全て利用者の負担とします。
2. 利用者は、本サービスで利用した個別サービスにつき、利用料金等の支払義務を負う場合、決済サービスを用いてこれを決済するものとします。なお、利用者が決済サービスにより決済した個別サービスの利用を取り消した場合その他、払戻し等を受ける権利を有する場合、決済サービスを通じてその払戻し等を受けるものとします。
3. 利用者は、決済サービスを利用する場合、決済サービスを通じて決済方法等を提供する事業者(クレジットカード会社、決済代行会社、収納代行会社、決済認証サービス提供会社、及び金融機関等を含み(これらに限られません。)、以下「決済事業者等」といいます。)が定める当該決済方法等の利用に関する規則又は当該決済方法等(以下「決済規則等」といいます。)に係る契約内容等を遵守します。
4. 利用者は、決済サービスの利用につき、決済規則等に従い又は決済事業者等の指定により登録した支払方法(クレジットカード、キャリア決済等)を用いて決済を行います。決済サービスの利用は、決済事業者等が定める、利用条件、支払条件、又は利用限度額等の制約(もしあれば)に従うものとします。
5. 利用者は、決済サービスに関し又は決済事業者等との間で紛争が生じた場合は、自己の責任と負担をもってこれを解決するものとし、当社に何らの損害等を被らせないものとします。かかる紛争につき当社は一切の責任を負いません。
6. 本サービスを利用するために必要な情報端末機器や通信機器等の設備、インターネット接続に関わる通信費用等の費用は利用者が負担するものとします。
 
 
第9条(個人情報等の取扱い)
 
当社は、本サービスにおける利用者の個人情報の取扱いについて、本規約、当社が全社的に定めている個人情報保護方針(https://www.odakyu.jp/privacy/)、当社が本サービスについて別途定めるEMotサービスプライバシーポリシー(https://www.emot.jp/privacy/)、及び個人情報保護関連法令に基づき、適切に取り扱うものとします。
 
 
第10条(アカウント・パスワードの管理責任)
 
1. 利用者は、ソーシャルログイン対象SNSのアカウント及び当該アカウントに対応するパスワード、又は利用者アカウント取得時に登録したメールアドレス及び認証コード(以下、あわせて「アカウント等」といいます。)を自ら責任をもって管理するものとし、アカウント等を使用してなされた一切の行為及びその結果について、その行為を利用者が行ったか否かを問わず一切の責任を負うものとします。
2. 利用者は、自己のアカウント等を第三者に貸与し、又は使用させることはできないものとします。万が一、利用者のアカウント等が第三者に使用されたことにより利用者又はその他の者が損害を被った場合であっても、その原因を問わず、当社は一切の責任を負わないものとします。
3. 利用者は、他の利用者のアカウント等を使用して本サービスを利用することはできないものとします。万が一、利用者が他の利用者のアカウント等を使用して本サービスを利用した場合、利用者はそれによって生じた一切の損害を直ちに賠償するほか、発生した一切の紛争をその責任と負担において解決するものとします。
 
 
第11条(知的財産権等)
 
1. 本サービス等で提供されるテキスト、画像、写真、音声及び動画等の情報(以下「著作物等」といいます。)に関する著作権、商標権、意匠権等の知的財産権は、当社若しくは当該個別サービスを提供する外部サービス事業者又はこれらにライセンスを許諾する者に帰属しています。本規約に基づく本サービスの利用は、本サービス等で提供される著作物その他の知的財産権の使用許諾を意味するものではありません。利用者は、本サービスを通じて入手した著作物等を、本サービス内で明示的に許諾された範囲、又は著作権法で認められた私的使用の範囲内でのみ利用できることとします。
2. 利用者が本サービスに入力した著作物(以下「利用者著作物」といいます。)に関する著作権(著作権法第27条、第28条の権利を含みます。)その他一切の権利は、当社に帰属するものとします。また利用者は、利用者著作物について著作者人格権を行使しないものとします。
 
 
第12条(禁止事項)
 
利用者は、本サービスの利用にあたり、以下に該当する行為又は該当すると当社が判断する行為を行わないものとします。当社は、利用者が当該禁止事項を行ったことを発見した場合、何らの通告なく当該利用者による本サービスの利用を停止又は禁止することができるものとします。
(1)本サービスへの不正アクセス、不正攻撃又はそのおそれのある行為
(2)本サービスの提供を不能にすること、その他本サービスの提供及びその運営に支障を与える行為、又はそのおそれのある行為
(3)本サービスを商業若しくは営利目的で利用する行為又は第三者の利用に供する行為
(4)本サービスで予約又は購入できる個別サービス利用権を、当社の許可なく、商業若しくは営利目的で購入・転売する行為(本サービス内において購入した個別サービス利用権を、購入金額を超える価格で第三者へ譲渡する場合を含むが、これに限らない。)
(5)本サービスを、他のアプリケーション、サービス(個別サービスを除きます。)と組み合わせて利用する行為
(6)本サービスの逆コンパイル、逆アセンブル等のリバースエンジニアリング行為
(7)当社の営業活動を妨害する行為、又は妨害するおそれのある行為
(8)第三者になりすます行為、又は第三者の利用者アカウントを利用する行為
(9)第三者のプライバシーを侵害する行為、又は侵害するおそれのある行為
(10)当社又は第三者の著作権、商標権等の知的財産権、その他の権利を侵害する行為、又は侵害するおそれのある行為
(11)当社若しくは第三者に不利益若しくは損害を与える行為、又はそのおそれのある行為
(12)犯罪的行為若しくは犯罪的行為に結びつく行為、又はそのおそれのある行為
(13)本規約等に違反する行為
(14)法令若しくは公序良俗に違反する行為、又は違反するおそれのある行為
(15)前各号の行為を直接若しくは間接に惹起し若しくは容易にする行為、又は前各号の行為を試みること
(16)前各号のほか、当社が合理的な理由に基づき不適切と判断する行為
 
 
第13条(利用者の責務)
 
1. 利用者が本規約等に反した行為、又は不正若しくは違法な行為によって当社又は第三者に損害を与えた場合、利用者は当社又は当該第三者に対し、その損害を賠償するものとします。
2. 利用者が本サービス等の利用によって第三者に対して損害を与えた場合、利用者は、自己の責任と負担をもって解決し、当社に何らの損害等を被らせないものとします。
 
 
第14条(免責)
 
1. 当社は、本サービス等、ソーシャルログイン対象SNS及び決済サービスの利用並びにそのサービス提供の正確性、完全性、最新性、有用性及び動作・品質等についていかなる保証もせず、本サービス等、ソーシャルログイン対象SNS及び決済サービスの利用により発生した利用者又は第三者の損害に関して、いかなる責任も負わないものとします。
2. 当社は、本規約第16条又は第18条に基づいて、本サービス等の提供を変更又は終了する場合、利用者に対して何らの義務も責任も負わないものとします。
3. 利用者と外部サービス事業者、ソーシャルログイン対象SNSを提供する事業者又は決済サービスを提供する事業者との間で紛争が生じた場合は、利用者と当該事業者との間で解決するものとし、利用者は、当社に何ら請求せず又は苦情を申し立てないものとします。
4. 当社は、利用者が譲渡用URLを漏洩・紛失等したことにより利用者又は第三者が被った損害・損失等について、いかなる責任も負わないものとします。
5. 利用者は、次の各号の場合には、本サービス等又は決済サービスの全部又は一部が利用できないこと、また、これにより利用者又は第三者が被った損害・損失等について、それが当社の故意又は重過失により生じた場合を除き、当社がいかなる責任も負わないことを承諾します。
(1)利用者が入力した情報の内容に誤りのある場合
(2)利用端末機器又はその周辺機器等が正しく設置若しくは接続されていない場合、故障、損壊、不具合等があり正常に作動しない場合、若しくはこれらの組み合わせにおいて不適合である場合、又は本サービス等の利用に障害となるような機能設定をしている場合
(3)利用端末機器又はその周辺機器の取扱説明書等に記載されている事項を遵守しなかった場合
(4)利用端末機器の電池切れその他の利用端末機器又はその周辺機器に電力が正常に供給されていない場合
(5)利用端末機器又はその周辺機器等の電源が入っていない場合
 
 
 
第15条(本サービスの一時的な中断)
 
1. 当社は、次のいずれかに該当する場合には、利用者へ通知することなく、本サービスの提供を一時的に中断することがあります。
(1)本サービス又はMaaS Japanのシステム保守を定期的に、又は緊急に行う場合
(2)天災地変、火災、停電、騒乱等により本サービスの提供又はMaaS Japanの稼働ができなくなった場合
(3)本サービス又はMaaS Japanに用いる通信サービスが停止し、又は障害が発生した場合
(4)利用端末機器の使用環境その他の事情により通信障害が生じた場合
(5)その他、運用上又は技術上、当社が本サービスの提供を一時的に中断する必要があると判断した場合
2. 当社は、本サービスの一時中断のお知らせや利用者へのお知らせを行う場合、当社が適当と判断する方法で利用者にその旨を通知します。但し、緊急の場合又はやむを得ない事情により通知できない場合は、この限りではありません。
3. 当社は、第1項の中断により、利用者が損害を被った場合でも、一切その責任を負わないものとします。
 
 
第16条(サービスの変更・廃止等)
 
当社は、利用者の承諾及び事前の予告を経ることなく、本サービス等の全部若しくは一部を追加、変更又は削減(外部サービスとの連携の終了を含みます。)することができるものとします。
 
 
第17条(アカウント利用サービス契約の終了)
 
1. 利用者アカウントを保有する利用者は、当社所定の退会手続の完了により、利用者アカウントを抹消(以下「退会」といいます。)することができます。
2. 前項の退会の場合又は本規約に従ってアカウント利用サービス契約が解除された場合、アカウント利用サービス契約は終了します。なお、アカウント利用サービス契約は、本項により終了する場合を除き、利用端末機器から本アプリを削除し、利用端末について電気通信事業者との通信サービスを終了させ、又はソーシャルログイン対象SNSの利用を終了等した場合でも、自動的には終了しません。
3. 利用者は、アカウント利用サービス契約の終了により、アカウント利用サービスを利用できなくなり、それにより取得した権利の一切を失うものとします。但し、利用サービス契約の終了前の事由に基づき生じた義務及び債務等を免れるものではありません。
4. アカウント利用サービス契約の終了にあたり、利用者は、アカウント利用サービスにより当社に対して負っている債務の一切について当然に期限の利益を失い、直ちに当社に対して全ての債務を履行しなければなりません。
 
 
第18条(本サービスの提供終了)
 
当社は、利用者へ通知することなく、本サービスの提供を変更又は終了することができるものとします。
 
 
第19条(利用者による利用の終了)
 
利用者が利用端末機器から本アプリを削除した場合、利用者は本アプリを通じた本サービスの利用ができなくなります。
 
 
第20条(本サービスの利用停止等)
 
当社は、利用者が次の各号に該当する場合、当該利用者とのアカウント利用サービス契約を解除し、又は当該利用者による本サービスの利用を停止若しくは禁止することがあります。
(1)本規約等に違反した場合、又は、本規約等の違反等により、過去に本サービスの利用を停止若しくは禁止され、アカウント利用サービス契約若しくは個別サービスの利用に関する契約を解除されたことがあることが判明した場合
(2)本サービス等、ソーシャルログイン対象SNS又は決済サービスの利用申込みに際し入力した事項に虚偽、誤記又は入力漏れがあることが判明した場合
(3)未成年者、成年被後見人、被保佐人又は被補助人のいずれかであり、法定代理人、後見人、保佐人又は補助人の同意等を得ていない場合
(4)当社又は当社の関連会社が提供する個別サービス以外のサービスに関する利用規約に違反し、又は過去に違反したことがあることが判明した場合
(5)本サービスを不正に利用し、又は、本サービスの運営を妨害した場合
(6)その他当社が利用者として不適当と判断する場合
 
 
第21条(反社会的勢力の排除)
 
1. 利用者は、現在及び将来において、自らが暴力団、暴力団員、暴力団員でなくなった時から5年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋等、社会運動等標ぼうゴロ又は特殊知能暴力集団等、その他これらに準ずる者(以下これらを「反社会的勢力等」という。)に該当しないことを表明し、かつ将来に渡っても該当しないことを確約するものとします。
2. 当社は、利用者が次の各号の一に該当した場合には、何らの通知を行うことなく当該利用者とのアカウント利用サービス契約を解除し、又は当該利用者について本サービスの利用を停止若しくは禁止することができるものとします。
(1)利用者が反社会的勢力等であると判明したとき
(2)利用者が、自ら又は第三者を利用して、当社に対し、暴力的行為、脅迫的言辞、偽計、又は威力を用いて信用を毀損若しくは業務を妨害する行為をしたとき
(3)利用者が反社会的勢力に自己の名義を利用させ、本サービスを利用させ又はアカウント利用サービス契約を締結させたとき
 
 
第22条(準拠法)
 
本規約は、日本法に準拠し、日本法に従って解釈されるものとします。
 
 
第23条(合意管轄)
 
本サービスの利用に関する一切の紛争については、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。
 
 
 
本規約は、2021年10月1日より適用されるものとします。
 
2019年10月29日制定
2021年10月1日最終改定





 

EMot Terms of Service


This EMot Terms of Service (hereinafter referred to as the "Terms") sets out the terms and conditions of use of the services (hereinafter referred to as the "Service") provided through the smartphone application "EMot" (hereinafter referred to as the "Application") and the website "EMot Online Tickets", which are both operated and provided by Odakyu Electric Railway Co., Ltd. (hereinafter referred to as the "Company").

 
Article 1 (Application of this Terms of Service)

1. These Terms set out the terms and conditions of and precautions for use of the Service, and shall apply to all users using the Service (hereinafter referred to as the "User").
2. In using the Service, Users shall comply with these Terms, the terms and conditions of and precautions (hereinafter referred to as the "Terms of Individual Service(s)") for use of the various services contents provided on the Service (hereinafter referred to as the "Individual Service(s)", and together with the Service, referred to as the "Service etc.") and other conditions of use, terms and other notices separately stipulated by the Company (hereinafter collectively referred to as the "Terms etc.").
3. The Company may change the contents of the Terms etc. (excluding the Terms of Individual Services for external services). In this case, upon setting the effective date of the change, the Company shall inform the User in advance of such effective date of the change and content of the change in a manner that the Company deems appropriate, and if the User uses the Service or the relevant Individual Service after the change takes effect, the User is deemed to have agreed to the change.
4. The Users are deemed to have agreed to these Terms etc. when they download the Application to their technical electronic device or use the Service.

 
Article 2 (Definition)

Definitions of the terms used in these Terms shall have the meanings set forth in the following items in addition to the meanings separately defined in this Terms. 
(1) "MaaS Japan" means the data platform that manages the data and information necessary to provide the Services.
(2) "Social Login" means to log in to the Service using the social login service provided by the Company (hereinafter referred to as the "Social Login Service").
(3) “SNS for Social Login” means social network services and other services provided by business operators other than the Company, which are designated in the service as those that can be used with the social login service.
(4) "Authentication Code" means the code notified to the User by the method prescribed by the Company to be used for identification procedure at the time of obtaining the User account or logging in to the Service.
(5) "External Service" means an Individual Service provided by a business operator other than the Company in conjunction with the Service. 
(6) "External Service Provider" refers to a provider of an External Service.
(7) "Individual Service User Rights" refers to the User’s rights regarding the use of the Individual Services.
(8) "URL for Transfer" refers to the URL of the page for transfer issued by the Company at the time of transfer of Individual Service User Rights by the User.
(9) "Settlement Service" means a service provided by a business operator commissioned by the Company, which enables payment of usage fees, etc. or refunds, etc. regarding use of the paid Individual Services through the Service.
(10) "User Account" means an account for the Service granted to each User.
(11) "User Device" refers to the information terminal device owned by the User.


Article 3 (Use of Service)

1. The User shall use the Service after agreeing to each provision of these Terms etc.
2. The User acknowledges and agrees that there may be cases where the User is unable to use all or part of the functions of the Service due to the performance etc. of the User Device, and shall not object thereto. 
3. If the User is a minor, an adult ward, a person under curatorship or a person under assistance, the User shall obtain the consent of the legal representative, guardian, curator or assistant (including consent to these Terms, etc.) before using the Service. 


Article 4(Account Subscription Service)

1. In using the Service, the User is required have a User Account in order to use certain functions thereof including the Settlement Service (hereinafter referred to as the “Account Subscription Service").
2. The User obtains a User Account by completing the procedures for Social Login on the Social Login Service, or by registering its email address and authenticating itself using an authentication code on the Service. Upon completion of the said procedure to obtain a User Account, a contract for Account Subscription Service (hereinafter referred to as “Account Subscription Service Contract") will be established between the User and the Company.
3. In order to obtain a User Account through the Social Login procedure, an account on a SNS for Social Login is required. If the User does not have an account on a SNS for Social Login, the User must obtain an account on a SNS for Social Login when performing the Social Login procedures described in the previous section.
4. During the term of the Account Subscription Service Contract, the User may use the Account Subscription Service through authentication by the User Account according to the method prescribed by the Company. 


Article 5(Use of Social Login Service)

1. When using a Social Login Service, the User shall comply with the terms and conditions set forth by the Company for the Social Login Service.
2. The User acknowledges and agrees that the User may be temporarily or permanently unable to log in to the Service if any of the following events occurs on the SNS for Social Login used for the Social Login, and shall not object thereto.
(1) When the User withdraws from the SNS for Social Login;
(2) When there is a problem with the SNS for Social Login;
(3) When the operation of the SNS for Social Login is suspended or terminated;
(4) When the specification or policy of the SNS for Social Login is changed; and
(5) When the SNS for Social Login is otherwise not available.
3. When a User uses the Social Login Service to use the Service, the Company will obtain the User's email address from the provider of the relevant SNS for Social Login.


Article 6(Individual Service)

1. In the event that a User uses an Individual Service, a contract regarding the use of the Individual Service based on the relevant Terms of Individual Service shall be established between the User and the Company (or the relevant External Service Provider in the case of an External Service) separately from these Terms etc. 
2. The Individual Service will be provided in accordance with the relevant Terms of Individual Service.
3. The User may transfer its Individual Service User Rights approved by the Company to other Users in accordance with the methods prescribed by the Company (including, but not limited to, the issuance of a URL for Transfer); provided, however, that the transferee User shall not be able to further transfer to another User (excluding the transferor User) the Individual Service User Rights that it has been transferred from the transferor.
4. (i) The use of each Individual Service, its cancellation, and liability for non-conformity with the contract for use thereof, etc., (ii)the amount, calculation method, and payment method of the Individual Service Usage Fees, etc.(as defined below), and the amount, calculation method, and payment method of refunds, etc., in the event that usage fees, etc. (hereinafter referred to as "Individual Service Usage Fees, etc.") are incurred for the use of an Individual Service, shall be in accordance with the provisions of the relevant Terms of Individual Service, and the same shall apply to any changes thereof.
5. In relation to the use of the Individual Services, if the provisions of these Terms differ from the provisions of the relevant Terms of Individual Services, the provisions of the relevant Terms of Individual Services shall prevail.


Article 7(Precautions)

When using the Service, the User shall be aware of the following matters:
(1) Always stop in a safe place when using this Service, and never use it while driving or walking; and
(2) Give priority to actual sidewalk and road conditions, road signs, road markings, other traffic regulations, and traffic rules.


Article 8(Usage Fees, etc.)

1. The usage fee for the Service is free of charge; provided, however, that any and all Individual Service Usage Fees, etc. incurred when using paid Individual Services through the Service shall be borne by the User. 
2. When a User is obligated to pay any Individual Service Usage Fees, etc., for an Individual Service used through the Service, the User shall settle the Individual Service Usage Fees, etc. using the Settlement Service.  Further, when a User cancels the use of an Individual Service that has been settled by the Settlement Service, or otherwise has the right to receive a refund, etc., the User shall receive the refund, etc. through the Settlement Service.
3. When using the Settlement Service, the User shall comply with the rules concerning the use of the relevant settlement method, etc. set forth by the provider of such settlement method, etc. via the Settlement Service (including, but not limited to, credit card companies, settlement agents, collection agents, settlement certification service providers, and financial institutions) (hereinafter referred to as the “Settlement Provider, etc.”) or the contents of the contract for use of the said settlement method, etc. or the like (hereinafter referred to as the “Settlement Rules, etc.”).
4. When using the Settlement Service, the User shall settle by using the payment method (credit card, carrier settlement, etc.) registered in accordance with the Settlement Rules, etc. or as designated by the Settlement Provider, etc.  The Use of the Settlement Service shall be subject to the conditions (if any) such as terms of use, payment terms, or usage limits as specified by the Settlement Provider, etc.
5. If a dispute arises in connection with the Settlement Service or between a User and a Settlement Provider, etc., the User shall resolve the dispute at its own risk and expense, and shall hold harmless the Company from and against any damage, etc.  The Company shall not be held responsible for any such disputes. 
6. The User shall bear the costs of equipment such as information terminal equipment and communication equipment necessary to use the Service, as well as communication costs related to Internet connection.


Article 9(Handling Personal Information)

The Company shall handle the Users’ personal information concerning the Service in an appropriate manner in accordance with these Terms, the Company's company-wide Privacy Policy (https://www.odakyu.jp/english/privacy/ ), the EMot Service Privacy Policy separately established by the Company for the Service (https://www.emot.jp/privacy/), and applicable laws and regulations related to personal information protection.


Article 10(Responsibility for Managing Accounts and Passwords)

1. The User shall be responsible for managing its SNS for Social Login account and its corresponding password, as well as the email address and authentication code it registered when obtaining their User Account (hereinafter collectively referred to as "Account, etc."), and are responsible for any and all actions taken using its Account, etc. and the results of those actions, regardless of whether or not they were taken by the User. 
2. The User may not lend its Account, etc. to a third party or allow a third party to use its Account, etc.  In the event that a User or other person suffers damage due to a third party using the User's Account, etc., regardless of the cause, the Company shall bear no responsibility whatsoever.
3. The User may not use the Service by using another User's Account, etc.  In the event that a User uses the Service using another User's Account, etc., the User shall immediately compensate for any and all damages incurred as a result, and shall resolve any and all disputes that may arise at its own risk and expense.


Article 11(Intellectual Property Rights, etc.)

1. The copyright, trademark rights, design rights, and other intellectual property rights to the text, images, photographs, audio, video, and other information (hereinafter referred to as the "Copyrighted Works, etc.") provided in the Service, etc. belong to the Company, external service providers that provide the relevant Individual Service, or those who grant licenses to these, as the case may be.  The use of the Service based on these Terms does not imply in any way, a license to use the Copyrighted Works, etc. and other intellectual property rights provided in the Service etc.  The User may use the Copyrighted Works, etc. obtained through the Service only within the scope explicitly permitted within the Service or within the scope of private use legally permitted by the Copyright Act.
2. The Company shall own all copyrights (including the rights stipulated in Article 27 and Article 28 of the Copyright Act) and other rights related to the Copyrighted Works, etc. entered into the Service by the User (hereinafter referred to as the "User's Works").  The User shall not exercise its moral rights with respect to the User's Works.


Article 12(Prohibitions)

The User shall not perform any of the following acts, or acts that the Company deems to be applicable, when using the Service.  If the Company discovers that a User has committed any of the prohibited acts, the Company may suspend or prohibit the use of the Service by the User without any notice.
(1) Unauthorized access to the Service, unauthorized attacks, or actions that may lead to such attacks;
(2) Any act that disables the provision of the Service, or any other act that interferes or may interfere with the provision or operation of the Service;
(3) Acts of using the Service for commercial or for profit purposes, or acts of making the Service available for use by third parties;
(4) Acts of purchasing or reselling Individual Service User Rights that can be reserved or purchased through the Service for commercial or profit-making purposes without the permission of the Company (including, but not limited to, cases where the Individual Service User Rights purchased within the Service are transferred to a third party at a price exceeding the purchase price);
(5) Use of the Service in combination with other applications or services (excluding the Individual Services);
(6) Reverse engineering of the Service, such as decompiling, disassembling, etc.;
(7) Interference with the business activities of the Company, or acts that may interfere with such activities;
(8) Impersonate a third party or use a third party's User Account;
(9) Infringing or threatening to infringe on the privacy of a third party;
(10) Infringing or threatening to infringe the intellectual property rights, including copyrights and trademarks, or other rights of the Company or any third party;
(11) Actions that cause or may cause disadvantage or damage to the Company or a third party;
(12) Criminal acts, acts leading to criminal acts, or acts that may lead to such acts;
(13) Actions that violate these Terms;
(14) Actions that violate or may violate laws and regulations or public order and morals;
(15) Any act that directly or indirectly causes or facilitates any of the foregoing acts, or any attempt to commit any of the foregoing acts; and
(16) In addition to the preceding items, acts that the Company judges to be inappropriate based on reasonable grounds.


Article 13(Responsibility of Users)

1. In the event that a User causes damage to the Company or a third party due to an act in violation of these Terms etc., or due to a fraudulent or illegal act, the User shall compensate the Company or the third party for such damage.
2. In the event that a User causes damage to a third party through the use of the Service etc., the User shall resolve the matter at its own responsibility and expense, and shall hold harmless the Company from and against any damage, etc. 


Article 14(Disclaimer)

1. The Company does not guarantee the accuracy, completeness, concurrence, usefulness, operation, quality, etc. of the use of the Service, etc., the SNS for Social Login, and the Settlement Service and the provision of the services thereunder, and shall not be liable whatsoever for any damages incurred by the User or any third party due to the use of the Service etc., the SNS for Social Login, and the Settlement Service.
2. In the event that the Company changes or terminates the provision of the Service etc. in accordance with Article 16 or Article 18 of these Terms, the Company shall not assume any obligation or responsibility to any User.
3. In the event that a dispute arises between the User and an External Service Provider, a provider of SNS for Social Login, or a provider of the Settlement Service, the dispute shall be resolved between the User and the relevant service provider, and the User shall not make any claim or file any complaint with the Company.
4. The Company shall not be liable for any damage or loss incurred by the User or any third party as a result of the User leaking or losing the URL for transfer. 
5. The User agrees that all or part of the Service etc. or the Settlement Service cannot be used in the following cases, and that the Company shall not be liable for any damage or loss incurred by the User or any third party as a result of this, except in cases where such damage or loss is caused by the intentional act or gross negligence of the Company.
(1) When the information entered by the User is incorrect;
(2) When the User Device or its related equipment is not properly installed or connected, or does not operate properly due to malfunction, damage, or failure, or is incompatible with any combination of these, or when the User has set functions that may interfere with the use of the Service etc.;
(3) When the User fails to comply with the matters described in the instruction manual, etc. of the User Device or its related equipment;
(4) When the power is not supplied normally to the User Device or its related equipment, such as when the battery of the User Device is dead; and
(5) When the power of the User Device or its related equipment is not turned on.


Article 15(Temporary Suspension of the Service)

1. The Company may temporarily suspend the provision of the Service without notice to the User in any of the following cases.
(1) In the event of regular or emergency system maintenance of the Services or MaaS Japan;
(2) In the event that the provision of the Services or the operation of MaaS Japan becomes impossible due to a natural disaster, fire, power failure, disturbance, etc.;
(3) In the event that the Services or the communication service used for MaaS Japan stops or a failure occurs;
(4) In the event of communication failure due to the operating environment of the User Device used or other circumstances; and
(5) In any other case where the Company deems it necessary to temporarily suspend the provision of the Service for operational or technical reasons.
2. When the Company notifies the Users of the temporary suspension of the Service or makes a notice to Users, the Company will notify the Users in a manner that the Company deems appropriate.  However, this shall not apply in the event of an emergency or if notification cannot be made due to unavoidable circumstances.
3. The Company shall not be liable for any damages incurred by the Users due to the suspension pursuant to Paragraph 1 of this Article 15.


Article 16(Changes or Discontinuation of the Service)

The Company may add, change, or reduce all or part of the Service etc. (including termination of linkage with external services) without the User's consent or prior notice.


Article 17(Termination of Account Subscription Service Contract)

1. A User who have a User Account can delete its User Account (hereinafter referred to as "Withdrawal") by completing the Withdrawal procedures prescribed by the Company. 
2. The Account Usage Service Contract shall terminate in the case of Withdrawal under the preceding paragraph or when the Account Usage Service Contract is cancelled in accordance with these Terms.  Except in the case of termination in accordance with this Paragraph 2, the Account Usage Service Contract will not automatically terminate even if the User removes the Application from the User Device, terminates the communication service with the telecommunications carrier for the terminal device, or terminates the use of the SNS for Social Login. 
3. Upon termination of the Account Subscription Service Contract, the User shall no longer be able to use the Account Subscription Service and shall lose all rights acquired thereby. However, this does not exempt the User from obligations and debts incurred based on reasons prior to the termination of the Account Subscription Service Contract.
4. Upon termination of the Account Subscription Service Contract, the User shall lose the benefit of time for all obligations owed to the Company through the Account Subscription Service, and shall immediately fulfill all obligations to the Company.


Article 18(Termination of the Service)

The Company may change or terminate the provision of the Service without notice to the User.


Article 19(Termination of Use by the User)

If the User deletes the Application from the User Device, the User will no longer be able to use the Service through the Application.


Article 20(Suspension of Use of the Service, etc.)

In the event that a User falls under any of the following items, the Company may cancel the Account Subscription Service Contract with the User, or suspend or prohibit the use of the Service by the User.
(1) If it is found that the User has violated these Terms etc., or if it is found that the use of the Service has been suspended or prohibited in the past due to a violation of these Terms etc., or that the Account Subscription Service Contract or contract for the use of Individual Service has been cancelled;
(2) If it is found that there were any falsehood, errors or omissions in the information entered in the application for the Service, SNS for Social Login or Settlement Service;
(3) The User is an under-age, an adult ward, a person under curatorship, or a person under assistance, and has not obtained the consent of a legal representative, guardian, curator, or assistant;
(4) If it is found that the terms of use for services other than the Individual Services provided by the Company or its affiliates have been violated, or if it is found that it has been violated in the past;
(5) If the Service is used illegally or interfere with the operation of the Service; and
(6) In the event that the Company deems the User to be inappropriate for other reasons.


Article 21(Elimination of Antisocial Forces)

1. The User hereby represents that it is not a current or future member of an organized crime group, a member of an organized crime group, a person for whom five (5) years have not passed since it ceased to be an organized crime group member, an associate member of an organized crime group, a company related to an organized crime group, a corporate racketeer, etc., a social activist, etc., a burglar or a special intellectual violence group, etc., or any other person equivalent thereto (These are hereinafter referred to as "Antisocial Forces, etc."), and shall ensure that it does not fall under such category in the future. 
2. In the event that a User falls under any of the following items, the Company may terminate the Account Subscription Service Contract with such User or suspend or prohibit such User from using the Service without giving any notice. 
(1) If the User is turned out to be the Antisocial Forces, etc.;
(2) If the User, by itself or by the use of a third party, damages credit or obstructs business with respect to the Company by using violent acts, threatening words, fraudulent means or force; and 
(3) If the User causes an Antisocial Forces to use its name, use the Service, or enter into an Account Subscription Service Contract.


Article 22(Governing Law)

These Terms shall be governed by and construed in accordance with the laws of Japan.


Article 23(Jurisdiction)

The Tokyo District Court shall be the exclusive court of first instance for any and all disputes related to the use of the Service.


 
These Terms shall be come into effective as of October 1st, 2021.
 
Enacted on October 29, 2019
Last revised on October 1, 2021
 

特定商取引法に基づく表記

「特定商取引に関する法律」第11条(通信販売についての広告)に基づき、以下に明示いたします。

販売業者 小田急電鉄株式会社
本社事務所 〒160-8309 東京都新宿区西新宿1丁目8番3号
責任者 経営戦略部長 久富 雅史
お問い合わせ 電話番号:050-5835-2429(9:00~17:00)
メール:support@emot.jp
販売価格 各商品又はサービス等の購入ページにて表示する価格
支払方法 クレジットカード決済
支払時期 購入時にクレジットカードで決済させていただきます。お客様へのご請求日は各クレジットカード会社により異なりますので、ご利用のクレジットカード会社にお問い合わせください。
商品引渡し・サービス提供の時期 商品・サービス等購入の決済手続完了後直ちに。
返品・キャンセル等 各商品又はサービス等の購入ページ又は規約等において返品又はキャンセルが可能である旨を明示している場合を除き、購入手続完了後の返品又はキャンセルをお受けいたしません。返品又はキャンセルに係る特約は各商品又はサービス等の購入ページにおいて表示します。なお、商品・サービス等に瑕疵がある場合は、利用規約の定めに従って対応します。
販売価格以外に必要となる金額 商品・サービス等の購入、ダウンロード等に必要となるインターネット接続料金、通信料金等は、お客様のご負担となります。それぞれの料金は、お客様がご利用のインターネットプロバイダ、携帯電話会社等にお問い合わせください。
動作環境
 
■アプリEMot
iPhone:iOS 12以上
Android:Android 7.0以上
■EMotオンラインチケット
iOS:最新バージョンと 1 世代前まで
Android OS:最新バージョンと 1 世代前まで
※対応ブラウザ
 iOSの場合:Safari 最新バージョン
 Android OSの場合:最新バージョン
その他 有効期間、申込みの有効期限等その他、特別な販売条件又は提供条件がある商品又はサービス等については、各商品又はサービス等の購入ページにおいて条件を表示します。